ー設備の省エネ・節電対策ー例:パチンコ店の場合ー

トイレの大便器等は使用水量が10~15年前と比べて約半分になっています。

パチンコ店の省エネ・節電対策

  単独省エネ率 全体省エネ率

①「見える化」節電メータ取付け

投資額:20万~50万
管理者の心構え・覚悟で大幅に効果が変わります!現地調査が必要となります。全ての「見える化」の見本として応用して頂きたいです。

全体計測のみ 3~10%

②エアコン洗浄オーバーホール

1年1回のオーバーホール。月々のフィルター洗浄管理。
投資額:オーバーホール60万~150万/回

10~20% 5~10%

③新型エアコン入換工事

投資額:500万~2000万
エアコン15年以上使用のお客様におすすめします。同じ温度条件の時で20%~30%節電されます。

20~30% 10~15%

④省エネ型パチンコ台の選定

10~20% 1~2%

⑤天井裏換気

投資額:100万~200万
夏季のみ使用する。節電対策で室内温度上げずにピークカットできるので有効。

4~6% 2~3%

⑥トイレ便器(大)入替時の水量

投資額:200万~400万

30~50% 2~3%

⑦照明器具のLED化

投資額:100万~300万
リース組できる店舗がより良い。ネオン看板等の作り替えは償却期間がながくなります。最近は価格も大幅に安くなりました。

20~30% 3~4.5%

⑧エネカット噴霧式

投資額:200万~300万
室内温度下げずに節電可能なため効果的。(室外機まとめてある場合に可。また冬の水の凍結防止管理必要。)

10~15% 5~7.5%
Copyright© 2020 太陽プラント株式会社 All Rights Reserved.